スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9 ドブ川の小鉄橋

井の頭線が神田川を渡るところ

 ドブ川の構造物のうちで妙に気になるのは、ドブ川と線路と交差するところにある鉄道橋である。
ドブ川の川幅は広くても5mくらいだが、鉄道の線路はそこのところだけ砂利が途切れて鉄橋にしてある。どうして川を渡る場所には砂利を敷いていないのだろうか。

 通常、鉄道の線路はクッション材兼枕木固定材としての砂利を敷き、コンクリート製の枕木をならべた上に敷かれている。ところが大きな川を渡る場所では違う。
まず橋脚を立て、鉄骨を架け、その鉄骨に木の枕木を固定して線路を敷く。これを鉄橋という(※)。鉄橋では電車がレールを継ぎ目を通るときの衝撃が鉄骨に伝わるため騒音が大きくなる欠点がある。にもかかわらず鉄橋を採用するのにはわけがある。

 現代に作られた鉄道、例えばニュータウンの新線などでは川を渡る橋の上でもたっぷり砂利を敷いてコンクリートの枕木を組んでいる。こうすると橋を渡るときも静かで乗り心地がいい。しかしこういう構造の橋は重い。丈夫な橋げたを作った上に丈夫なコンクリート板を敷き、砂利を敷き、コンクリートの枕木を何本も置く。これだけでも重いのに、上を通る電車がまた重い。
 こういう橋が作れるのは、土木技術が発達してコンクリート製の丈夫な橋を作れるようになったからであって、昔はこうではなかった。昔の橋は軽いことが肝要であった。だから戦前に作られた鉄道では道路や川を渡るときは必ず鉄橋で渡っている。鉄橋ならば鉄骨の骨組みと枕木だけで橋が作れるので、橋脚に求められる強度も小さくて済む。
 それを踏まえたうえで分からないのは、幅2mくらいのドブ川を渡るところも律儀に鉄橋にしてあることである。

 東急大井町線は川崎市の溝の口から東京都世田谷区の二子玉川を通り、品川区大井町に達する路線で、昭和の始めに開通した。この路線の二子玉川から二つ目に等々力という駅がある。等々力駅のホームから大井町の方向を見ると、全長2mほどの鉄橋が架かっているのが見える。鉄橋の下にはドブ川が流れている。

大井町線が逆川を渡るところ


 この川は近くの等々力渓谷という景勝地を流れる谷沢川の支流の逆川の痕跡と思われるが、ほとんど暗渠になっている。しかし線路を渡るところだけは開渠になっていてそこに鉄橋がある。コンクリートでフタでもして砂利を敷いてしまえば一跨ぎできそうなものなのに、そうしていない。当時の技術ではこんなに幅の狭いドブ川でも鉄橋を組まなければ渡れなかったのだろうか。大きな川はともかく、小さなドブを渡るたびごとに鉄橋を組んでいたら面倒なのではないだろうか。

 この疑問を解明すべく、専門書をひもといてみた。すると、やはり幅が狭くても川を渡るということは鉄道にとっては一大事なのだということが分かった。  
 われわれの感覚では、川の上に板でも敷いてその上に砂利を撒けば線路が敷けそうな気がしてしまう。しかし線路を走る電車は非常に重く、速度が速い。つまり大きな力が線路にかかる。だからほんの2mでも地面のないところを通るには、その力を支える橋げたをきちんと組まないと線路が崩壊してしまう。そういうわけでドブ川を渡るたびにこのような小鉄橋を組んでいたようである。 

 さらにこの鉄橋にはもう一つ気になる点がある。鉄橋の上の枕木は、一般的なコンクリート製ではなく、茶色の合成樹脂製のものになっていることだ。
 合成樹脂製の枕木は鉄橋の2本の鉄骨の橋げたにがっちり食い込んでいる。なぜここに丈夫なコンクリート製の枕木を使わないのだろうかという疑問であるが、これはある私鉄の改札口で聞いたら分かった。それにしてもこんな質問まで相手をしなければならない改札係も気の毒ではある。

「コンクリート製は硬すぎるんですよ。硬い鉄骨に固定するには柔らかい木製や合成樹脂製でないといけません」

 たとえ2mといえども、橋げたの鉄骨は電車の重みでたわむ。車に乗っていて橋の上で渋滞して停車すると、橋が揺れているのが実感できるが、鉄道の橋にもあのような揺れがある。
 この時に鉄骨にボルトで固定された枕木もたわむ。硬いコンクリート枕木だとこのたわみに耐えられずに折れてしまうので、柔軟性のある木製枕木や、同じような性能を持った合成樹脂性が開発されて使われている、ということのようである。
 ドブ川の鉄橋にもあれでいろいろな技術が詰まっているのだ。

※「鉄橋」とは俗称で、鉄道用語では「鉄桁」(ガーター)と呼び、また1m以上5m未満の短い橋梁のことを「溝橋」と呼ぶそうである。 このことは大宮の鉄道博物館の方にご教示いただきました。お礼申し上げます。

参考文献 鉄道構造物等設計標準・同解説-鋼・合成構造物
 国土交通省鉄道局 鉄道総合研究所編 丸善㈱」">

(追記)
修正用雑記帳その6:コンクリート枕木が折れるしくみが分かった。

(追記)
 小鉄橋の下を流れるドブ川のことを「逆川」と断言していたが、そうとも断言できない謎の川だということが分かったので修正した。詳細は修正用雑記帳その7

コメント

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

リンクとお知らせ
リンク、引用は自由です。連絡はご不要です。引用される場合は引用元として「ドブ川雑記帳」とお書きください。
最新記事
(もっと古い記事は目次のページからどうぞ)
プロフィール

大石俊六

Author:大石俊六
掲載雑誌
雑誌「『広告|恋する芸術と科学』2014年10月号(特集|Tokyo River Story 東京、川ろうぜ。)『私はどうしてドブ川を覗き込んでしまうのか』

マーガレットプレス 連載『ギモンの細道』

・「ラミネート」
(第10号/ラミネートを発明した人はコンブを手本にしたのではないか、の巻)

・「人馬平安散」
(第9号/「金はなぜ貨幣に使われるのか」を調べていたら四ツ谷駅前のハイフキヤドラッグにたどり着く、の巻)

・「恋とはどんなものかしら」
(第7号/オペラ『フィガロの結婚』で資本主義の発展の秘密にたどり着く、の巻)

・「神社と石橋」
(第6号/神社の前にはなぜ石橋があるのか、の巻)

・「夏帽子製造工場」
(第5号/鮫洲にあった紙帽子工場を調べたら横浜の三渓園にたどり着く、の巻)

・「イベリア半島の睡魔あるいは美しき怠惰」
(第4号/スペイン人はただ暑いからという理由だけで昼寝しているのか、の巻)

・「靴下のゴムはなぜ伸びるのか」
(第3号/靴下のゴムが緩む原因を調べたら長篠の戦にたどり着く、の巻)

・「シュロの奏でるハ短調」
(第2号/シュロの木を植える習慣は南国への憧れのほかにもうひとつ理由がありそうである、の巻)

また、季刊collegio(38,39号)には「水路敷区道扱い」というエッセイを書いています。
・「戸越公園の水路敷」(38号)
・「水路敷と銭湯」(39号)

その他の作品(文芸誌「フノリ」に掲載)
・「海抜の季節風」(渋谷川暗渠区間の高度をしつこく探求)
・「着席自由権」(パリのカフェのカウンター席とテラス席の料金差と客の滞在時間の関係を現地でしつこく調査)

カテゴリ
「日本のドブ川」カテゴリを廃止して「法律からアプローチする」を新設しました。ドブ川を全国レベルで捉えると、どうしても法律の話メインになるのでこのように変更しました。(H26.11.15)
調べたいキーワードで検索
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。