スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3  ドブ川は川なのか

普通河川



 「ドブ川」とは何であろうか。
 多摩川をドブ川と呼ぶ人はいないが、渋谷川をそう呼ぶ人はいる。
自宅の近所を古ぼけた水路が通っているとき、これは間違いなくドブ川といわれる。私たちはこれらをどういう基準で使い分けているのだろうか。

 ドブ川という言葉にははっきりした定義はないが、ぼんやりとしたイメージはある。それはだいたいこのようなものだろう。
  ・開放的で自然な感じの川→川
  ・閉鎖的で落ちたら怖い感じの川→ドブ川
  ・ドブ川の小さいもの→ドブ

 渋谷川がドブ川と呼ばれることがあるのはその形状が閉鎖的だからで、多摩川の場合は河原があって開放感があるためにそう呼ばれないのだと考えることができる。昔はドブは「溝」という字をあてていたことからも分かるように、「ドブ」とは人工的な溝を指し示しているものとみてよい。

 実際は、さらにここに「水の量と汚さ」という観点が加わる。
  ・きれいで水の量が多い→川
  ・汚くて水の量が多い→ドブ川
  ・水の量が少なくて清濁がわからない→ドブ

 人々はこれらの要素をフィーリングで判断して、「ドブ川」とか「ドブ」と呼び習わしていると考えられるが、このようにあいまいに捉えられていることがドブ川の実体を分かりにくくしているともいえる。ドブ川を訪ね歩く身としては、ここのところの定義をはっきりさせたい。
 そこで法律ではどう分類しているのか調べてみた。ドブ川は人工的な手がかなり入った川なので、法律でどのように分類されるかによって存在の仕方がまるっきり変わってしまうからである。水の流れている場所を法律別に分類するとこうなる。

  ①河川法に基づく「河川」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(一級河川、二級河川、準用河川)二級河川の看板(青野川)

  ②下水道法に基づく「下水路」扱いの川・・・・・・・・・・・・(都市下水路)
  ③農業用水条例や工業用水条例に基づく「用水路」・・(農業用水など=一種の上水道)
  ④道路法に基づく「側溝」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(道路のわきの側溝=道路の施設の一部)
  ⑤その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(普通河川など)

 こうしてみると川というものが縦割り行政で管理されていることがあからさまになってしまうのだが、ドブ川探索は縦割り管理の隙間を楽しむ行為なのでそれは別によい。それよりも困るのは①の考え方がややこしいことである。
 河川法は河川の法律といいながら、治水上重要な河川しか対象にしていない。つまり一級河川(国が管理する川)、二級河川(都道府県が管理する川)の2種類である。
 その他の川は河川法では管理しない川ということになるが、そこそこ大きくてほったらかしにできない川もあるので、そのような川を「準用河川」として市役所に管理させている。「準用」とは、「河川法では関知しないけど、準じて似たような感じで管理してくださいね」といったほどの意味である。

 さらにこの下に準用河川にもしてもらえなかった「普通河川」というものが存在する。前出の分類では⑤の「その他」にあたる。世間一般に「ドブ川」と呼ばれているものの多くはこのカテゴリーに入る。

*  *  *  *  *

 普通河川は名前は「普通」だが、実際は一級にも二級にも準用河川にもなれなかった最底辺の河川である。これは急行や準急が走る鉄道路線における「普通」、特上寿司や上寿司がある寿司屋における「並」寿司のポジションと同じとみてよい。
 普通河川はどの法律の分類からもこぼれ落ちてしまった隙間的な川であるが、川である限り水があふれたり護岸が壊れたりするので、そういう時は市役所が直す。たいてい幅が狭く、水は少なくて汚く、変な藻が生えている。くさいし子供が落ちたら危ないから、といった理由でフタをされて暗渠にされることも多い。

 ドブ川のエッセンスはこの普通河川にある。都会では下水道の普及もあって昔の目黒川のような真っ黒なドブ川にはなかなかめぐり合わないが、郊外の普通河川には昔ながらの古いドブ川が残されている。都会の親水公園化されたこぎれいな川とは対極をなす「古典派ドブ川」といえる。古典派ドブ川を探すコツは三つある。

①下水道普及率が低い
②水はけの悪い低地である
③昔からの古い住宅地である

 特に①は有力な手がかりになる。
 古典派ドブ川を探したいときは、その地域の市の下水道普及率を調べて、低い場所から順番に回るとよい。ちなみに国土交通省が発表する全国の河川の水質ワーストランキングなどを見てもまったく役に立たない。一級河川しか対象にしていないからである。国土交通省も私のような物好きのために水質ランキングを発表しているわけではないのであるが、古典派ドブ川を探したいのなら、下水道普及率を見るのが一番手っ取り早い。(4「ドブ川はなぜくさいのか」につづく)  

全国の下水道普及率(平成23年度末 日本下水道協会のページ)

(追記)
ドブ川雑記帳30 「公共溝渠と普通河川と水路はどう違うのか(上)」 普通河川について詳しく知りたい方はこちら。
ドブ川雑記帳48 「ドブ川の水源としての側溝」 この章で詳しく触れなかった道路の側溝とドブ川の関係について調べてみた。

コメント

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

リンクとお知らせ
リンク、引用は自由です。連絡はご不要です。引用される場合は引用元として「ドブ川雑記帳」とお書きください。
最新記事
(もっと古い記事は目次のページからどうぞ)
プロフィール

大石俊六

Author:大石俊六
掲載雑誌
雑誌「『広告|恋する芸術と科学』2014年10月号(特集|Tokyo River Story 東京、川ろうぜ。)『私はどうしてドブ川を覗き込んでしまうのか』

マーガレットプレス 連載『ギモンの細道』

・「ラミネート」
(第10号/ラミネートを発明した人はコンブを手本にしたのではないか、の巻)

・「人馬平安散」
(第9号/「金はなぜ貨幣に使われるのか」を調べていたら四ツ谷駅前のハイフキヤドラッグにたどり着く、の巻)

・「恋とはどんなものかしら」
(第7号/オペラ『フィガロの結婚』で資本主義の発展の秘密にたどり着く、の巻)

・「神社と石橋」
(第6号/神社の前にはなぜ石橋があるのか、の巻)

・「夏帽子製造工場」
(第5号/鮫洲にあった紙帽子工場を調べたら横浜の三渓園にたどり着く、の巻)

・「イベリア半島の睡魔あるいは美しき怠惰」
(第4号/スペイン人はただ暑いからという理由だけで昼寝しているのか、の巻)

・「靴下のゴムはなぜ伸びるのか」
(第3号/靴下のゴムが緩む原因を調べたら長篠の戦にたどり着く、の巻)

・「シュロの奏でるハ短調」
(第2号/シュロの木を植える習慣は南国への憧れのほかにもうひとつ理由がありそうである、の巻)

また、季刊collegio(38,39号)には「水路敷区道扱い」というエッセイを書いています。
・「戸越公園の水路敷」(38号)
・「水路敷と銭湯」(39号)

その他の作品(文芸誌「フノリ」に掲載)
・「海抜の季節風」(渋谷川暗渠区間の高度をしつこく探求)
・「着席自由権」(パリのカフェのカウンター席とテラス席の料金差と客の滞在時間の関係を現地でしつこく調査)

カテゴリ
「日本のドブ川」カテゴリを廃止して「法律からアプローチする」を新設しました。ドブ川を全国レベルで捉えると、どうしても法律の話メインになるのでこのように変更しました。(H26.11.15)
調べたいキーワードで検索
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。