スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56 海の家の下水道

  拡大する
 片瀬東浜海水浴場(神奈川県藤沢市)

 下水道を備えた海の家ができたというニュースが平成26年の夏に報じられた。
 神奈川県の江ノ島近くにある片瀬東浜海水浴場で、砂浜の中に下水管を埋設し、ここに海の家の厨房やシャワーの排水を流すという。砂の中の下水管は近隣の道路直下の公共下水道に接続され、下水処理場で処理される。記事には、
 「このままでは浜がもたないと思った」
という海の家の組合長の発言が載っている。この取り組みは海の家の排水の問題を何とかしたい、という思いから生まれたもののようである。

 よくやった。
 海の家の排水が砂浜に浸透されているという事実は、平成25年の夏に偶然シャワーを浴びた時に知った。
 私は下水道の普及した現代で思いがけなく発見した汚水観察ポイントに興味をそそられたが、これは世間的にはまずい問題である。
 まずい問題ではあるが下水管を砂に埋めて固定するのは難しいだろうからどうしようもないとも思った。
 調べると、この問題が顕在化している海水浴場もあるということを知ったが、汚水をまとめてバキュームカーで回収するにしても貯留しておくタンクの設置が難しいだろう。
 仮設トイレくらいなら休前日の朝に汲み取りをしているのを見たことがあるが、雑排水も、となると量が多いので大変である。夏の間しか営業しない施設のためにそこまで手間と費用をかけられない、というのがこの問題の本質であろう。そう思っていた。
 しかし片瀬東浜ではそれをやったという。しかもその費用の大部分を海の家の組合で賄ったという。これは行かねば。
 
 7月21日海の日、私は海パンをはいて片瀬東浜海水浴場に行った。よく晴れていた。
 早速下水管を探す。が見つからない。
 海の家は海岸線に一列に並んでいるからその裏手に埋設されているのだろうか。しかし裏手の国道に上ってきょろきょろしても、行ったり来たりしてもそれらしきものは見つからない。

 どうもよくない。これではただの怪しい人である。
 仕方がないのでおずおずと組合事務所に行き、下水管のことを訪ねた。すると海の家の途切れたスペースに砂に埋もれたマンホールがあり、これがそうだと教えてくれた。その近くには水洗便所もあった。おおこれか。

  拡大する 片瀬東浜の海の家。よく見るとマンホールが見える。 

 組合の人は地元育ちなので子供の頃から海育ちである。でも昔はシャワーひとつとっても冷水しかなかったという。さっと流しておしまいである。
 でも今は温水が当たり前だからゆっくり浴びてシャンプーもボディソープも、となる。
 排水の問題はこういう変遷の中で出てきた問題のようである。食事のメニューにしても焼肉もあればエスニックもある。この排水処理には往生したことであろう。
 
 マンホールを確認したところでゴーグルを着けて海に入る。
 片瀬東浜は東は小動岬、西は江ノ島に遮られているので水質的に不利な地形であるがそこそこきれいである。きれいといってももちろん伊豆や外房などに敵うものではないが、都心から小一時間で来られる駅前の海水浴場としては合格である。
 この水質はまさか今回導入した下水道の成果ではないはずである。
 下水道に接続しても長年砂浜に浸み込んだ汚れは少しずつ海に染み出ていくし、他の海岸から来る汚れもある。しかし海の家を下水道化するとどのくらい効果があるのか知りたい。そこで小さな川を挟んで500mほど西側にある片瀬西浜海水浴場に行ってみた。
 
 実は片瀬西浜海水浴場は数年前に下水道化されている。
 このことは私も今回はじめて知ったが、実際に行って見ると海岸の奥にコンクリートで整備された階段護岸があり、下水管のマンホールが埋められているのが確認できる。
 護岸の工事をした際に下水管を敷設したようで、西浜の海の家はこのマンホール沿いに並んでいる。するとこの海水浴場は下水道に接続されて数年経っていることになるから、東浜と比較すれば下水道効果が分かるのではないか。
 
 ということで西浜で潜ってみる。
 しかし正直分からなかった。どっちも同じくらいである。どちらも「まあそこそこなんじゃないか」といった程度である。海は潮流でかなり水が入れ替わっているので効果が見えにくいのかもしれない。
 
 しかし効果が見えにくくても出した汚水は浄化されるべきなのであって、少なくとも片瀬西浜と東浜では「今俺が流したシャンプーの泡が砂浜に……」という気まずさからは完全開放される。ラーメンもカレーも食べられる。
 これは大きい。富士山のトイレなどでも言えるが、「環境的な気まずさからの解放」というのは、屋外レジャーの新しい価値になっていくのではないか。私の観察ポイントは減ってしまうが、そういう面白い展開になるのであればそれでいい。


(参考:片瀬東浜の下水道を報じたニュース)
「湘南の浜に水洗トイレ導入 海の家に下水管設置」  朝日新聞DIGITAL 平成26年6月20日
「片瀬東浜 下水管配置で浜再生」 タウンニュース藤沢版 平成26年6月27日
「海の家”排水”の陣 片瀬東浜に下水道整備 県内初」神奈川新聞カナロコ 平成26年7月7日

(参考資料)
片瀬西浜海水浴場の下水道に関する藤沢市議会議事録


<目次にもどる>

コメント

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

リンクとお知らせ
リンク、引用は自由です。連絡はご不要です。引用される場合は引用元として「ドブ川雑記帳」とお書きください。
最新記事
(もっと古い記事は目次のページからどうぞ)
プロフィール

大石俊六

Author:大石俊六
掲載雑誌
雑誌「『広告|恋する芸術と科学』2014年10月号(特集|Tokyo River Story 東京、川ろうぜ。)『私はどうしてドブ川を覗き込んでしまうのか』

マーガレットプレス 連載『ギモンの細道』

・「ラミネート」
(第10号/ラミネートを発明した人はコンブを手本にしたのではないか、の巻)

・「人馬平安散」
(第9号/「金はなぜ貨幣に使われるのか」を調べていたら四ツ谷駅前のハイフキヤドラッグにたどり着く、の巻)

・「恋とはどんなものかしら」
(第7号/オペラ『フィガロの結婚』で資本主義の発展の秘密にたどり着く、の巻)

・「神社と石橋」
(第6号/神社の前にはなぜ石橋があるのか、の巻)

・「夏帽子製造工場」
(第5号/鮫洲にあった紙帽子工場を調べたら横浜の三渓園にたどり着く、の巻)

・「イベリア半島の睡魔あるいは美しき怠惰」
(第4号/スペイン人はただ暑いからという理由だけで昼寝しているのか、の巻)

・「靴下のゴムはなぜ伸びるのか」
(第3号/靴下のゴムが緩む原因を調べたら長篠の戦にたどり着く、の巻)

・「シュロの奏でるハ短調」
(第2号/シュロの木を植える習慣は南国への憧れのほかにもうひとつ理由がありそうである、の巻)

また、季刊collegio(38,39号)には「水路敷区道扱い」というエッセイを書いています。
・「戸越公園の水路敷」(38号)
・「水路敷と銭湯」(39号)

その他の作品(文芸誌「フノリ」に掲載)
・「海抜の季節風」(渋谷川暗渠区間の高度をしつこく探求)
・「着席自由権」(パリのカフェのカウンター席とテラス席の料金差と客の滞在時間の関係を現地でしつこく調査)

カテゴリ
「日本のドブ川」カテゴリを廃止して「法律からアプローチする」を新設しました。ドブ川を全国レベルで捉えると、どうしても法律の話メインになるのでこのように変更しました。(H26.11.15)
調べたいキーワードで検索
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。